how to create a site for free
Mobirise

PARADOX-TIME アインシュタイン・ロマンスをめぐる冒険 –
所幸則 Yukinori TOKORO

会期: 2019年1月11日~ 5月6日

|Curator Statement| 

本展覧会では、人間の支配を超えた存在である「時間」について、写真を起点として 多角的にその本質に迫ってみたいと考えました。「時間」へのキーワードを整理し、 テーマを投げかけるのは、所幸則。1秒間に3回のシャッターを切る「One Second」と いう手法で、都市における時間の姿を捉えた写真家です。彼の問いかけにさまざまな ジャンルのクリエーター、アーティストたちが応えるという展開で今回の展覧会は 進行します。時間という制約、時間という空間、そこでどのように写真とアートが呼 吸をするのかを皆さんと共有したいと考えています。 写真家を起点とし、複数のクリエーター、アーティストを招いて展開する今回の試み、 オーディエンスの反応がなによりも重要なポイントになるはずです。 この挑戦にもっとも重要な役割を担う当事者として、皆様のご参加を心よりお待ち 申し上げます。


 |Artist Profile| 
所幸則 | Yukinori TOKORO

写真家大阪芸術学客員教授

1961年生まれ 。写真ならではのアプローチで、イメージングを追求
してきた作家として国内外で高い評価を受ける。全作品を通貫して5つキーワードによってキュレーションされた展覧会流れるテーマは”生と無常”。クールなテクスチャーと独特の構成力 会では、オリジナルな視点から作品を読み解き、今ま で成立するスタイルには、写真家としての繊細な観察眼が読み取れ でにはなかったアート体験をしていただくことを目 る。情報が氾濫する現代、写真における情緒の立ち位置を見せた希
有な写真家のひとりと言えるだろう。都市のランドスケープの他、
ポートレートの分野でもその審美眼を遺憾なく発揮している。

www.tokoroyukinori.com

SHARE THIS PAGE!