ESPACE KUU - TAISHO UNIVERSITY

大正大学・エスパス空

kuu logo2

 2019年9月15日(日)14:00~16:00    『生命をいただく』“今、東西の叡智が「食」を考える”

 

 

 

大塚伸夫     
大正大学学長/仏教学博士

リオネル・ベカ  
エスキス・エグゼクティブ・シェフ

通訳|中村亮二     
大正大学 表現学部・教授

モデレーター|太田菜穂子    
大正大学 客員教授/ESPACE KUU 空・キュレーター
東京画 チーフ・キュレーター

開催日| 2019年9月15日(日) 14:00~16:00
会場| 大正大学 5号館4階 531教室
定員| 250名
参加費| 無料

私たち日本人が食事の度に、口にする言葉「いただきます」。この言葉は「自分の生命を永らえるために他の生き物の生命をいただく」事実に由来します。
日々の糧、その“ありがたさ”に気づくためには、生命の循環、自分の存在の意味に想いが及ぶようになって、初めて意識できるのかもしれません

この度、大正大学の学内のアート・ギャラリーESPACE KUUで『TRANSVERSALITÉ 生命縦断』展を開催するにあたり、同展のテーマである“生命をいただく”を考えるシンポジウムを開催いたします。
飽食の時代とも言える現代社会が生み出す膨大な食品ロス、食品偽造、遺伝子組み換え食品、偏食、こうした様々な問題を論じる前に、“食べるということ”、
“生きるということ”を今一度深く考えたいと思います。

仏教の根幹にある五戒(『不殺生戒』、『不偸盗戒』、『不邪淫戒』、『不妄語戒』、『不飲酒戒』)の中でも最上位に位置する『不殺生 殺してはいけない』という戒めを、東西の叡智はどのように捉えているのか?
仏教学者とフランス料理のグランシェフが向き合い、日々の研鑽と思考を交わします。

|プログラム|

Part1  「生命をいただく」 14:00~15:00

仏教界 殺生と不殺生、その真理と思考  
大塚伸夫
料理という行為、その美学と姿勢     
リオネル・ベカ

Part2    討論 『殺生』と『不殺生』 15:00~15:40

大塚伸夫  
リオネル・ベカ

Part 3  質疑応答       15:40~16:00

Facebook : https://www.facebook.com/events/534825403928599/?ti=icl